海老の旨煮

お正月は女性に台所仕事を休んでもらうという意味合いから、おせちメニューは日持ちのするものが基本となっています。が、

それだけではなくて、お正月に頂く食物として、縁起のいい物になぞらえたり、見立てたりしたものがそろっています。

通販おせちには和洋中華いろいろな新しいメニューが登場していますが、基本的なメニューにはどんなものがあって、どんないわれがあるのでしょう。

簡単にまとめてみました。(まだまだ収集中)

海のもの

えび

ひげが長く、腰が曲がっている様子から、老人に見立てて長寿の象徴となっています。

数の子

「子の数が多い」ところから、子孫繁栄の願いが込められている。

紅白かまぼこ

切り口の半円を日の出に見立て、紅はめでたさ、白は神聖の象徴とも言われます。新年の門出を表現しています。

古来日本では「赤」は魔よけの意味もありますが、西洋などでは生命力の象徴でもある色です。そして、「白」は穢れのない清浄を表します。

仕事などが「板につく」というごろ合わせもあるようです。

ごまめ

「五万米」の字が当てられ、五穀豊穣の願いが込められている。「田作り」は田の肥料になったことから。

昆布

「よろこぶ」にかけて、おめでたい意味があります。また、「子生婦」の文字をあてて、子宝を意味することもあります。

昆布巻き

文化、学問の栄えに通じる巻き物を表す。

里のもの

黒豆

黒豆のように黒々と健康でマメに働けますようにという願いが込められています。

苦労をいとわず、物事にはげむ「まめ」(忠実/実)、または体が丈夫であることをあらわす「まめ」(忠実/実)の音と「豆」をかけています。

栗きんとん

鮮やかな黄金色から豊かな財宝を表し、豊かな一年を願います。

栗の木は寿命が長く、寒い季節でも青々とした葉を付ける常緑樹であることから長寿の象徴でもあります。

里芋

小芋がたくさんつくことから、子孫繁栄の象徴とされる。また、親芋を「頭芋(かしらいも)」と呼んで、人の頭に立つようにという願いが込められることもある。

たたきごぼう

地中深く根を張るごぼうの姿から、「根気がつく」「家の土台がしっかりする」といった意味に。

「めでたい」のごろ合わせから。

だいだい

黄色い色から太陽や生命力の象徴に。読みから先祖代々の「代々」にかけて子孫繁栄の願いが込められている。

開き豆・開牛蒡

豆が膨らむことを「開く」と表現。開運の願いが込められています。

ちょろぎ

「長老喜」「千代呂木」などの字が当てられ、長寿の願いが込められている。

錦卵(にしきたまご)

卵の黄身が金、白身が銀を表し、金糸銀糸で織った織物に見立てられている。黄身と白身が分かれていることから、別称、二見卵(ふたみ)とも呼ばれる。

れんこん

縦に通った穴で「先を見通す」意味に。また、煮しめに入れる、にんじんやこんにゃくなどとともに、「ん」がつく食材は「運がつく」に通じて縁起がよいとも言われている。