御屠蘇

今年は御屠蘇にチャレンジ

2013年のお正月は、仁丹堂の新おせち、「オリジナル和洋健康ミニおせち」にしてみました。ミニで1段しかないので、コープさんで中華おせちも注文。

今回は早めに注文したおかげで早期注文した人にプレゼントされるお屠蘇が付いてきました♪

というわけで、まずはお屠蘇のレポートいきます。

チェックポイント

管理人は10月16日に決断して注文したので、今回は早期注文の特典をゲットすることができました。前回は2009年12月11日だったので、12月に入るとさすがに早期特典は無理ってことですね。当たり前か(汗)

ちょっとしたプレゼントですが、お屠蘇は生薬でできてるもの。生薬が本業の仁丹堂ですから、かなり期待して試してみました。

いつものお正月が少し違った雰囲気になってよかったですよ♪(飲みきれなかったけど…)

屠蘇散のパッケージ

こんな紙に包まれていました

屠蘇散はおせちと一緒に到着

早期特典に当たったかどうかは、おせちが到着してみないとわかりません。今回、おせちは12月30日に到着。その中にお屠蘇も入っていました。

実際の中身とお値段

お値段はプレゼント品なので当然のことながら0円です。中を開けるとこんな感じ。

鶴の描かれたおめでたい包みを開けると、紙に包まれたパックが登場。表には「寿」、裏には「屠蘇散」と書かれています。

説明は鶴の描かれた包みの裏に書かれています。

屠蘇散を開けたとこ

どことなく昔のお薬っぽい

しっかりしたアルミ包装がされているんですが、封を開ける前から甘い独特な香りが漂います(汗)

でも、作り方は簡単。180mlのお酒にひと晩冷たく浸しておけばOKです。ティーバッグの中に入っているので、扱いやすいです。

ィーバッグに入った屠蘇散

ティーパックに入ってるところは現代風?(笑)

浸して1分くらいで、うっすらと黄色い色が付き始めるのですが、ひと晩するとこんな感じになります。

ひと晩、経過

意外と色が出てます

グラデーションしてますが(汗)別の容器に移したりしてると均一になってました。

すっかり別物ですよね。甘い匂いとなんともいえない甘み、そしてかなりクセのある味わいですが、今年一年頑張ろう! という気持ちにさせてくれます。

お酒が苦手な我が家では飲み残して翌日も押しつけ合いながら飲んでましたが(笑)ネットで検索したところでは、本みりんで作ってもいいみたいです。本みりんだとクセも抑えられて飲みやすいかもしれない。

御屠蘇

けっこうクセがあって飲みにくいです(汗)

【関連記事】
> 【おせちレポ】森下仁丹オリジナル和洋健康ミニおせち お屠蘇のおまけ
【おせちレポ】森下仁丹オリジナル和洋健康ミニおせち 到着
【おせちレポ】森下仁丹オリジナル和洋健康ミニおせち お重の中