石塀小路さくら 二の重解凍後

おせちの中央の、このロブスターをいただきました

2011年のお正月は、大丸通信販売DMall.jp(現大丸・松坂屋通信販売DMall.jp)の石塀小路さくらの「万葉」にしてみたのですが、いちばん心配だったのがこのロブスターでした。

[PR]

うちで食べれるの? というか、どうやって食べるの?(汗)

実はsumi家、ロブスター初体験なのです。伊勢海老も伊勢旅行で食べたことがある程度。しかもその時はちゃんと食べやすいように調理されていました。写真で見ると、ゴロンと丸ごと入っているようなので、かなり不安でした。

ちゃんと説明が入ってた

そんな心配をする人がけっこういるということなんでしょうか。おせちには、ちゃんとロブスターの調理方法が説明されたリーフレットが入ってました(よかった)

白黒だけど写真付きだったので、初心者の管理人でもちゃんと調理できましたよ♪

ロブスターの調理方法

一応、ボイルされて入っているのですが、加熱調理して食べることになっています。利用法もちゃんとリーフレットに書かれていて…。

1.お雑煮の出汁として使用する
2.おすましの具材として使用する
3.みそ汁の具材・出汁として使用する

といった用途があるそうです。我が家は正月2日に、みそ汁に入れてみました。

ロブスター下処理

まず、頭と尾を取り外します。ここは手でOK。

ロブスター 頭と身を分ける

頭と身を分けてみた

頭と身をそれぞれ二等分に包丁でカット。殻は厚いんだけど、腹側から包丁を入れれば意外と簡単に切り分けることができました。

頭と身、それぞれ一個が一人分ということで、このロブスター一匹で二人分の目安になるそうなので、sumi家にちょうどよかったです。

ロブスター それぞれ二等分に

包丁でパカーン!

sumi家はおみそ汁で活用

みそ汁の場合は、こんなふうに分ける必要はなかったみたいだけど、今後の練習のためにチャレンジしてみました。意外と簡単でよかったよかった。

みその風味は出し汁なんかよりしっかりしているので、かつおや昆布を加えなくてもOK。十分に味を煮出すようにすればいいみたいです。

リーフレットには「相性の良い具材は葱・大根・人参です」と書いてあったので、ネギとあり合わせのお野菜で作ってみました。

ロブスターのお味噌汁

ロブスターでお味噌汁♪

上品な味だけど、濃い甘みがしっかりあって、おいしいですね、ロブスター。身は引き締まってプリプリですよ。おみそ汁にもいい出汁が出てました。これだけでも、このおせちにしてよかったと、しみじみ感動。

ちょっと贅沢に決めたいときは、今後はロブスター入りを検討しようと思います♪

他にも関連記事があります:石塀小路さくら おせち料理「万葉」食レポ