おせちの蓋デザイン

「アナと雪の女王」おせちの蓋はこんなデザイン

2016年に新登場したベルメゾンのキャラクターおせち、「アナと雪の女王」のおせちです。おせち内容は別記事にまとめているので、この記事ではお重のデザインをご紹介します。

写真は、お重の蓋部分。アナとエルサの周りをつた模様が囲んで、ちょっと上品な雰囲気がありますよね。

六角の形のいわれ

もともと中国では重ねて使う容器は六角形や八角形をしていたみたいですよ。日本に伝わって重箱になってから四角い形も使われるようになったというわけですね。

六角形というとハチの巣のハニカム構造を思い浮かべる人もいるかと思いますが、日本では古くから亀甲紋といって、縁起のいい図柄とされていました。

確かに、いくつも並んだ六角形は亀の甲羅のようです。

亀は鶴に並んで古くから長寿を象徴する生き物とされてきたので、そのめでたさにあやかるという意味があります。また、亀甲は貨幣の象徴でもあったので、金運にも通じるとする話もあるようです。

アナと雪の女王おせちの場合、ショップサイトの説明によると六角形で雪の結晶に見立てているみたいです。

アナ雪の六角重のデザインはこんな感じ

お重の側面

側面のデザインパターンは3種類

お重の側面は、エルサとアナをイメージしたという花と雪の結晶が交互に3パターン配置されています。面によって模様が違うんですね。

三段重を重ねると、こんな感じ。

重なると、どことなくエキゾチックなタイルのデザインを感じさせます。

三段重 重ねたところ

重ねると、ちょっぴりエキゾチックな雰囲気があります

六角の一辺は約9.5cmとやや小ぶりですが、おせちの後もお弁当箱として利用できるようにこのサイズになっています。

お弁当箱使用で便利な付属品

付属品もお弁当箱利用を意識したものになっていて、お重には一段ずつ4枚の内蓋が付いています。

内蓋

後日、お弁当箱利用できるように、六角形の内蓋が一段ずつ付属しています

そして、注目はやはりこの保冷バッグ。

「アナと雪の女王」おせちのシリーズでは、毎年、男の子向け、女の子向けのおせちがあって、子どもと一緒に楽しむ「子どもおせち」とも言えるシリーズになっているのですが、このため付属品は風呂敷ではなく保冷バッグになっています。

しかも写真のように、500ミリリットルペットボトルが2本入るよう少し大きめに設計されていて、ちょっと便利です。

お重と保冷バッグ

付属の保冷バッグに入れるとこんな感じ

デザインはもちろんディズニーファンシーショップ(マンスリークラブ)のオリジナルです。

きれいな水色がベースなので、季節を問わず活躍してくれそうですよ。

保冷バッグ

保冷バッグはオリジナルデザインです

次の記事は、トイ・ストーリーやアナ雪と同じく2016年度おせちに新登場した立体のミニーおせちを詳しくご紹介します。

ショップバナーを見ると、やはり2016年度イチオシはこのおせちになるみたいですよ。

【関連記事】
ディズニーおせち初・和モダン プレミアム四段重に感じる日本の伝統美
おじいちゃん、おばあちゃんから孫まで楽しめる!ディズニーのプレミアム四段重
携帯性がアップ!ベルメゾンの立体おせち、ミニーのお重&袋はこんな感じ
ミッキーとミニーがラブラブ♪ ディズニーの立体おせち2016のスイーツはこんな感じ
立体のミニーおせち登場! 2016年ベルメゾンのシルエット三段重
> 大人かわいい六角重 アナと雪の女王おせちのお重のデザインってこんな感じ
アナと雪の女王おせちが、2016年度ベルメゾンおせちにいよいよ登場!
ほんとにおもちゃが付いてるよ!ベルメゾンの「トイ・ストーリーおせち」
2016年新登場 トイストーリーおせちの魅力は、おもちゃ箱のような楽しさ
ベルメゾンの2016年ディズニーおせち情報 今年の注目ポイントは?

「投稿タグ」のリンクから、関連記事を新着順に一覧で見ることができます