ディズニーオリジナルおせち2019 ミッキー三段重

2019年度おせちのミッキー三段重は90週年記念アートデザイン!

ベルメゾン(千趣会)のオリジナルおせちで、定番のものといえばこのミッキー三段重です。2007年にDisneyおせちシリーズが初登場したのですが、このとき一番最初に登場したのがこのミッキー三段重だったのでした。

当ブログの管理人が初めてオリジナルおせちを拝見したのは2010年の展示会だったので、ちょうど「プーさんおせち」が新登場した年。

このころは、おせちのシルエットいっぱいにミッキーやプーさんの顔が金色に描かれているのが特徴でした。

(画像をクリックすると、写真へ移動することができますが、そんなに大きくなりません・汗。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

特筆すべきは、この時のミッキー三段重にはロブスターが入ってたいたこと!(笑)

現在、ロブスターが入っているのは四段重のみなので、近年のおせちは水産物の価格がかなり値上がりしてるんだなぁということが、このミッキーおせちの写真からも伺い知ることができます… (当時はかなり小さな写真で編集しています)

(参考)ベルメゾンネットのプーさんおせち 見本市レポ2010
(参考)ベルメゾンネットのミッキーおせち 見本市レポ2010

2011年には干支と一緒にデザインされるようになって、それ以降は「ミッキー+α」が定番になっていったので、ミッキー単独でデザインされるのは2019年度おせちで7年ぶりとなります。

2019年度は、ミッキーマウス映画初公開から90周年を記念するアートデザインで登場

ミッキーおせち三段重

シルエットいっぱいの笑顔が印象的な2019年バージョン

ミッキーマウスがスクリーンデビューしたのは、1928年11月18日の「蒸気船ウィリー」でした。2018年で90周年なんですね。

このアニバーサリーをお祝いして、全国各地で期間限定ショップや限定商品が登場していますが、ベルメゾンのオリジナルおせちも90周年をお祝いする記念アートデザインで登場です。

ミッキー単独でデザインされているのも、「原点に戻る」という気持ちが込められているそうですよ。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

少しピンぼけしてしまいましたが、二の重の側面にはこんな英文が書かれています。

MICKEY KNOWS A SMILE WILL ALWAYS HELP WHEN THINGS GET TOUGH.
何があっても、笑顔が助けてくれることをミッキーは知っている

そして、一の重と二の重の側面には、歴代のミッキーが描かれています。

管理人は一の重の左端に描かれている「蒸気船ウィリー」はわかるんだけど、その他のミッキーたちはいつの時代のものやら… 顔、目、体などでいろいろ特徴があるらしいのですが、わかります?(汗)

大きく分けて、一の重に描かれているミッキーは、「オールドミッキー」とか「クラシックミッキー」と呼ばれる黒目が目立つタイプ。三の重に描かれているミッキーは、1939年に発表された「ミッキーの猟は楽し」以降に登場する黒目と白目がはっきり描かれているタイプになります。

ちなみに、このように年代が違うミッキーが一堂に会するのはけっこう珍しいことみたいですよ。

アニバーサリー・デザインを狙っている人は要注目のおせちです。

アニバーサリーもミッキーのシルエットがあちこちに隠れています

ミッキーデザインの高野豆腐

ミッキーのデザインがおせち料理のあちこちに隠れています

高野豆腐に描かれたミッキーフェイスや、手の形をした蒲鉾、ミッキーやミニーの形をしたお餅など… お重の中のメニューにいろんなミッキーが隠れているので、子どもと一緒に探すのも楽しそうですよね。

ココアパウダーで描くミッキー

ココアパウダーで描くミッキーの顔!

ちょっとぼやけてしまいましたが、こちらはココアパウダーでミルクプリンにミッキーの絵を描く定番メニュー、2019年度はこんなデザインです。

最初はなにもない真っ白なミルクプリンですが、手持ちの茶こしなどにココアパウダーを入れて、付属のステンシルシートの上からサラサラとかければ出来上がり。

自分の手でひと手間かけて、おせちを完成させるユニークなメニューです。

(参考)ミッキーフェイスを自分で仕上げるところがベルメゾンのディズニーおせちの魅力

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

この他、繰り返し使えるオリジナルグッズも要注目。

珍味入れ、プリン入れは蓋付きで繰り返し使えますよ。1段に3本ずつ入ってるピックもお弁当などに繰り返し使うことができます。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

オリジナルグッズといえば、恒例の風呂敷も要注目。今年度はシャンタン素材、綿生地なので「綿シャンタン」というものになるみたいです。太さの違う糸を使うので、表面に凸凹ができて独特の表情が楽しめる素材です。

といっても、硬くてゴワッとしているのではなく、意外とやわらかさがあって使い勝手よさそうです。風呂敷の大きさは、70cm×70cm。菓子折りやワインを包むのに程よいサイズ感ですよ。

ちょっと変わった使い方では、三角に折った両端をひとつ結びに結んで、残りの端を真結びにすると、ミニバッグとして活躍してくれます。

箸袋は、重箱側面にデザインされた歴代ミッキーのうち、5つの図柄でデザインされています。ぽち袋も、今年度は大きなミッキーフェイスが特徴ですよ。

ミッキーの三段重をさらに詳しくチェックする方はこちら。