海のイメージ

2015年の年末は、過去にないカニ不足に燃料高騰が重なったこともあって、カニ商品がジワリと値上がりを始めた年でした。

ショッピングモールのカニ専門店では、「○月○日の注文分から値上げします」と宣言するお店が現れたほど。2016年はどんな感じになるんでしょう?

大阪で開催されたフェスティバルに参加されてた匠本舗は、お手ごろな価格でたっぷりの量が楽しめる商品が多いのが魅力のショップです。

フェスティバル会場でも大きなカニのむき身の満足セットが展示されてたんですよ。

年末の予想も伺ってきました!

匠本舗の「かに本舗」では、今年の年末もお手ごろ価格で提供予定

確かにカニの漁獲高は少なくなっているので厳しい状況なのですが、匠本舗は「現地大量一括買付」の強みを生かして、今年の年末も安定してカニを供給できる見通しなんだそうですよ。

なので、お手ごろ価格のまま、みんなでワイワイ集まって楽しむときにぴったりの、量もたっぷりサイズのカニの取り扱いが引き続きあるようです。

ひとまずよかった。

ちなみにロシア産のカニなんかだと、質のいいものとイマイチのものが入り混じる玉石金剛の市場みたいですが、匠本舗では社長や店長が直接現地に足を運んで買い付けているので、質のいいものがそろっているそうです。

2017年年末登場予定の満足セットで注目商品はこちら

用特大生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット

2016年年末の新商品、特大の満足セット

2017年の新商品がこちら。かにしゃぶ用の本ズワイガニのむき身満足セットなのですが、名前に「特大」と書かれています。

確かにデカイです(汗)

下の写真でスタッフさんが手に持っている満足セットは昨年人気No.1を誇った最高級バルダイ種の満足セットで、こちらはもともと大型のズワイガニが入っているのですが、さらに大きいですよね(汗)

最高級バルダイ種と特大の満足セット

新旧大きさ比べ(笑)

特大の満足セットは「バルダイ種」ではなく「本ズワイガニ」なので、独特のとろけるような繊細な味わいが楽しめるみたいですよ。

このサイズ感は、とにかく大勢でワイワイと楽しみたい人にぴったりですよね。

2017年末も、最高級バルダイ種の満足セットが登場するようです

最高級バルダイ種 生大ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット

昨年人気No.1の最高級バルダイ種の満足セット

特大の隣に並んでいると少し見劣りしてしまいますが、実際はこれもかなりデカイです(汗)

それもそのはず、このセットに使われているカニは「バルダイ種」なんですよ。

大ズワイガニ(バルダイ種)は名前に「ズワイガニ」とついていますが、一般的に出回っている「オビリオ種」とは品種が違うカニで、より深い海で一回り大きく育つズワイガニです。

一般的なズワイガニが繊細でとろけるような食感なのに比べ、身の繊維が太く、プリプリとしっかりした食べごたえが特長。カニらしい濃厚な味わいが魅力です。

ただ残念なことに、本ズワイガニの水揚げ量のわずか2%ほどしかない希少なカニなんですね。

とれても、そのほとんどが京都などの高級旅館や料亭で消費されてしまうので、一般ではあまり知られていない幻のカニでもあります。

どちらの満足セットも大きめサイズのズワイガニで、いろいろな部位が入ってますが、丁寧に手むきカットされているので、包丁やハサミは必要ありません。

そのまま料理に使えちゃうところが魅力です。

箱はこんな感じで届きます

独自開発した化粧箱

ギフトにも使える化粧箱に入って届けてもらえます

右は特大の満足セット、左はバルダイ種の満足セットの箱です。

カニのむき身の写真が美しいですよねー。これは届くとテンション上がりそうです。もちろんギフトにも使える化粧箱です。

超特大の満足セットに使われる化粧箱

年末のカニは12月ぐらいに登場するみたいですよ

一見、ひ弱そうな段ボールに見えますが、発泡スチロールと段ボールを組み合わせた匠本舗独自に開発された特別なものなので、発泡スチロールの保温性を持っているのに、段ボールの折りたたみやすさがある特別な箱なんですよ。

魚介類をお取り寄せしたときは、大きな箱の処分がなかなか大変だったりするのですが、こんなところにも困らない工夫がしてあるんですね。

これもユーザーの声をもとに改良されたものなんだとか。

特大の満足セットも、最高級のバルダイ種の満足セットも、お値段は年末の価格が決定してからのお楽しみということですが、今年はどちらのセットにするかちょっと迷ってしまいそうですよね。

匠本舗の年末のカニは例年どおり12月くらいの取り扱いなので、おせちに比べるとゆっくりできますよ。

以上、2017年度おせちの情報でした。2019年の割引情報などは、「おせち情報」のページでチェックしてみてくださいね。

「投稿タグ」のリンクから、関連記事を新着順に一覧で見ることができます