特大重の「新玉の息吹」

特大重の「新玉の息吹」/道楽

匠本舗でグルメ主婦を集めて実施される、ベテラン主婦が選ぶ「最もおせちを購入してみたい料亭人気No.1」は、創業380年の老舗料亭「道楽」だったようです。

「道楽」といえば、石田三成の軍師、島左近の邸宅跡に建つ老舗京料亭で、創業当時の面影を残す数寄屋造りの建物で頂く料理の数々が魅力。

十四代目が手掛ける、贅を尽くした旬の味わいが楽しめるお店です。

匠本舗には道楽のおせちとして3~4人前のものもあるのですが、2017年のおすすめは特大重の「新玉の息吹」です。

近年、おせちは大型化が進行中

新玉の息吹のロブスター

近年は大型で華やかなおせちも人気、「新玉の息吹」にはロブスターが入っています

日ごろなかなか揃わない家族が集まるので、人数前の多いおせちを必要とするご家庭が増えているようで、パーソナルなコンパクト重と対極に、大型おせちや段数の多いおせちが近年人気を集めています。

2017年の匠本舗も注目のおせちは大型のおせちが目白押し、主婦会で人気の「道楽」も大型のおせちがおすすめになっています。

その大きさは、8.5寸3段重。約25.7×25.7×高さ約18.6cm(3段)という大きさです。

一般的な大きさは6.5寸3段(約19.6×約19.6×約18.6cm(3段))なので、お重の形からして大きいですよね。

冷凍おせちは解凍のことも考えてか、やや小ぶりのものが多いのに比べ、冷蔵おせち(生おせち)は大きめのおせちが多いのも特長。

お重が大きいと、それだけ食卓が華やかになるという魅力があります。

「新玉の息吹」の魅力

山海の珍味がバランスよく盛り付けられた、全56品のメニュー内容で、おせちだけで楽しむ場合、5~6人前の目安になります。

他のお料理と一緒におせちを楽しむ場合だと7~8人前目安くらいになるようですよ。

お祝い膳が10膳、特典として付いているので、急に人が増えても慌てずに対応することができます。

2017年おせちの注目ポイント

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

こうしてみると、2017年おせちは魚メニューがかなり充実しているみたいです。

通常価格31,500円(税込)ですが、早期割引期間であればかなりお買い得に利用できますよ。

2017年の割引情報などは、おせち情報でチェック⇒匠本舗 京都東山 料亭「道楽」監修特大重 新玉の息吹

「投稿タグ」のリンクから、関連記事を新着順に一覧で見ることができます