人気記事ランキング

この記事では、アクセスランキングを基に、どんな記事に人気が集まっているのか分析しています。

12月の人気記事ランキングはこんな感じになりました。

1位 今年も登場、お試しおせち
2位 ベルメゾンネット ディズニーオリジナルおせち
3位 京都のおせち
4位 価格から選ぶ 5,000円くらい
5位 本州のおせち
6位 京都のおせち しょうざん
7位 究極のおせち、販売開始
8位 おせち食レポ 博多久松「博多」のお試しおせち
9位 高額おせちの動向 2011年版
10位 京都のおせち 石塀小路さくら

一時、高額おせちや名店おせちに押されていた低価格おせちですが、2011年度おせちも終盤戦になると、再び低価格のおせちが上位にランクインしてきました。

影響力、強いですね(汗)

でも5,000円台というと、おせち料理というより、おせちの単品メニューの扱いが多いんですよね。もしかすると我が家のおせちにプラスαする一品として探している人が多いのでしょうか。

とすると、これまで注目を集めていた1万円台の低価格おせちとは少し様子が違ってくるのかもしれませんね。

傾向を見ると、1位に入っているのはお試しおせちだったりするわけで、これは大きなものを購入する前に、どんな味か試してみたいというニーズからきているようです。

特に博多久松のお試しおせちは、コンパクトなお弁当箱サイズで10数品の味を試すことができちゃうんですよね。

このおせち、昨年、博多久松(ぐるなび食市場)から登場したときは80個限定というけっこう貴重なものだったのですが、2010年度は受け付け期間が区切られているものの受け付け数が大幅にアップしているのです。

ショップモールを見てみると、他店舗でもお試しおせちを取り扱う所が増えてきたみたいですよ。

「味を確かめてから商品の購入をしたい」という最近の消費者の要望から生まれた新しい試みも、だんだん定着しつつあるようです。

こうしたことを見ると、やはり一定のレベルのおせちに対する人気は変わりなくあって、ぎりぎりになって+αのメニューを探す人が増えていると考えたほうがよさそうです。