黒豆煮

おせちは新しい年を迎える節目に頂く料理です。

「節句」といって、もともとは奈良時代に中国から伝わってきた風習が、日本古来の風習と混じり合って発展していきました。

おせちは神様と人が一緒に頂く節句料理

お正月は古来、「御霊(みたま)まつり」としての役割がありました。お正月様(ご先祖様の集団霊)をお迎えする大切な行事です。

年末からお正月の準備として一年のすすを払って家を清め、依り代(よりしろ)となる門松を立てて鏡餅を飾ります。そして、お正月に迎えられた神と人が共に食事をすることで、その年の豊作と家族の幸せを祈ったのでした。

「神人供食」(しんじんきょうしょく)と言うのですが、つまり、おせちは神様と一緒に頂く料理というわけですね。

祝い箸

そして、おせちの中身は時代とともに豪華になっていきますが、お箸は変わらず両端が細くなった祝い箸を使う家庭が多いのではないでしょうか?

これは、お箸の片方は人が使い、もう片方は神様(お正月様)が使うとされているので、こんな形をしているんですよ。

こうした一連の行事は1月11日の鏡開きで締めくくられます。鏡餅に宿ったその年の霊を頂いて、新しい年を迎えることになるのです。

ちなみに、「めでたさを重ねる」という意味でおせち料理を重箱に詰めることを提案したのは、百貨店が最初であるようです。

おせち料理が一般に広まったと言われる江戸時代では喰積(くいつみ)といって、台の上に食材を重ねた料理が描かれているんですよ。中国に伝わる霊山である蓬萊山(ほうらいさん)をかたどったもので、お正月の来客に供する縁起物でした。

さらに酒の肴として重詰めも用意されたようですが、これらが一つになって重詰めのおせちに発展したと言われています。