風呂敷に包んだおせち

お節料理とは、「節日(せちにち)」に頂く料理のことです。

節日は中国から伝わってきたもので、日本の宮廷でも節会(せちえ)と呼ばれる宴会が催されていました。

[PR]

おせちは、節日に頂く料理「節会」がもとになっている

つまり、元日の節会がおせち料理というわけです。

かつては元日の節会の他にも、白馬(あおうま)の節会、踏歌(とうか)の節会、相撲(すまい)の節会など、ずっと多くの節会が催されていたみたいですよ。

現在、私たちの暮らしの中に残っている節日は、江戸幕府が公的な行事として定めた五節句がもとになっています。

五節句

人日(じんじつ) 1月7日
上巳(じょうし/じょうみ) 3月3日
端午(たんご) 5月5日
七夕(しちせき) 7月7日
重陽(ちょうよう) 9月9日

余談ですが、1月7日って何だかピンときませんよね。でも、7月7日と対になっていると見ると、ちょっとしっくりくるんですよ。

6月は一年のちょうど中間にあたるので、12月の晦日に対して、6月の晦日ととらえる考え方があります。

正月明けて1月7日に七草の節句があるのに対し、夏は7月7日に笹の節句の七夕があるというわけ。

七夕は、今でこそ星まつりの意味合いが強いですが、古くは世の中の罪や穢れを払う行事として行われていました。

1月7日の七草も、七草がゆを頂いて体の中の邪気を払うという意味があります。

お重の段数ごとの意味

おせち料理は正月最初に頂く料理ということで、一年の健康と発展を願うとても大切な意味があります。

お重に料理を詰めて重ねるのは、「めでたさを重ねる」という意味があり、利用される食材は縁起のいいものが厳選され、日持ちのする料理に仕上げられます。

日持ちを重視するのは、お正月は台所の火を使わないという風習があるためです。

お正月は、火の神様である荒神様がいる台所も女性も休ませるという考え方があったんですね。

本来、お重は段ごとに入れるものがきまっていて四段重が正式な形とされていますが、地域によっては五段重を正式とする所もあるようです。

近年、一般的になってきた三段重は簡略化したもので、小家族向けに進化したものと言えます。

【一の重】祝い肴(いわいざかな)、口取り

お屠蘇と一緒に頂く付け合わせの肴3種を「祝い肴」といいます。

豆知識 これがあれば基本はOK!お正月の食卓」でも紹介したように、3種に選ばれる食材は東西で違いがあります。

東日本→数の子、黒豆、田作り
西日本→数の子、たたきごぼう、田作り

これらの意味は、以下の縁起があると言われています。

数の子 … 鰊の卵です。二親(にしん)から多くの子が出るということで、子孫繁栄を願う縁起物とされています

黒豆 … まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるよう願いが込められています。とはいえ、豆ならなんでもいいというわけではなく、黒豆が使われます。

真っ黒に日焼けするほど健康を意味していたことと、陰陽五行では黒は邪気を避ける色の一つとされてたことも大きく関係するようです。(赤、黒、黄、白の五色の糸が邪気を避けると伝えられています)

田作り … 小魚は田畑の肥料となっていたことから、「田作り」の名前で五穀豊穣の願いが込められています。

たたきごぼう … 牛蒡は地中にしっかり根を張ることから、古くから縁起のいい食材とされています。やわらかく煮たごぼうを叩くことで身を開き、開運の縁起を担いでいます。

口取りは、子どもにも食べやすい甘みを聞かせた料理のことです。もちろん、縁起のいい食材がそろいます。

栗きんとん … 山の幸として古くから身近にあった栗ですが、おせち料理では美しいその黄金色からも財や富の象徴として用いられています。

かまぼこ … 半円の形を日の出に見立てて元日になくてはならないものとされています。赤と白の蒲鉾を交互に配することで、めでたさを象徴しています。

伊達巻 … 伊達巻の「伊達」は伊達者(シャレ者)の着物に似ていることから伊達巻と呼ばれます。

くるくると巻いた様子を書物(巻物)に見立てて、学業向上の願いが込められています。

【二の重】酢の物

日持ちさせるため、塩や砂糖を使う料理が多いため、さっぱりとした酢の物の酸味は箸休めとして大切なメニューとなっています。

また、お酢には素材の色を鮮やかに保ち、引き出す働きがあるので、おせちの華やかな彩りとしても一役買っています。

紅白なます … 大根と人参の紅白の色で、めでたさを象徴しています。

酢だこ … 皮は赤く、身は白いことから、これも紅白のめでたさを象徴しています。また、蛸は当て字で「多幸」と書くことから縁起のいい食材とされています。

チョロギ … 江戸時代に中国から渡ってきた食材で、これも当て字で「長老木」、「長老喜」、「長老貴」と書くことから縁起がよく、長寿に通じるとされています。

酢レンコン … たくさんの穴があるレンコンは、将来の見通しがよいという縁起を担いでいます。また、仏教では極楽の池にある穢れのない植物とされていることもあって慶事には欠かせない食材です。

【三の重】焼き物

海の幸を中心とした、ごちそう料理です。

鯛 … 鮮やかな赤い色をした焼き鯛は、お祝い事に欠かせない一品です。「大位」という当て字で縁起のいい魚とされていました。

鰤 … 鰤は成長するに従って名前を変えることから「出世魚」と呼ばれる縁起のいい食材です。

出世魚としては、他にスズキ、ボラなどが有名ですが、スズキの旬は6~7月で夏なんですね。

ボラはブリと共に「寒ブリ、寒ボラ、寒サワラ」と言われ、寒くなるとおいしくなる魚なのですが、秋ごろから卵を持ち、三大珍味の一つであるカラスミに加工される魚でもあるんですよね。

地域によっては祝い肴にボラを使うこともあるようですが、おせちの食材としては鰤に軍配が上がるようです。

【与の重】煮物

山の幸を中心とした料理です。季節の野菜を煮しめたものがおせち料理の始まりと言われているので、本当なら煮物の与の重がおせちのメインとなるのかもしれません。

筑前煮(いり鶏)、お煮しめ、旨煮といった料理方法がありますが、やはり縁起のいい食材が選ばれます。

里芋 … 小芋がたくさんつくので、子孫繁栄を象徴する縁起のいい食材とされています。

竹の子 … 竹は天に向かって真っすぐ伸びることから、子どもの成長や立身出世の願いが込められています。

昆布巻き … 昆布は「よろこぶ」にかけて縁起のいい食材、これを巻いた昆布巻きは伊達巻と同じく書物(巻物)に見立てて、学業向上の願いが込められています。

【五の重】控えの重

五の重には料理は詰めません。来年、さらに繁栄することで、空いたお重に料理が詰めることができるよう、わざと空にします。

食材はもちろんですが、お重の段にも意味があるものなんですね。

当ブログも段数で通販おせちを分類しているページがあるので、よかったら参考にしてみてくださいね。

お重の段数でおせちを見てみる⇒一段二段三段四段五段以上