お取り寄せおせち

わかっているけど、ついつい忘れている注意点、通販を利用する際の豆知識をまとめてみました。

少々厳しすぎる部分もありますが、特にお取り寄せおせちの場合、年に数回しか利用しないとか、この時しか利用しないといったことがあると思います。念のためチェックしておくと、何かあったときに安心ですよ。

特に締切が近づいてくる12月のショッピングは慌てているがゆえに、一呼吸、気持ちの余裕を持つことが大切です。

[PR]

分量や大きさもチェック、チェック

写真だけで判断していると想像とずいぶん違ってた… なんてこともあるようです。

ネットで購入する場合、あまり利用したことがないネットショップでは、写真だけで判断せずに、表記してある数量や重量もチェックしたほうが安心です。

ネットショップによっては数量の他にグラム数まで表で明記されている所もあるのですが、明記されていないサイトの場合、少しでも疑問があればサイトへメールなどで確認してみるのもいいかもしれません(ただし時間があればの話ですが・汗)

もちろん、複数のサイトで見比べてみる

ネット通販のメリットは、何度でも、何カ所でも、満足のいくまで見て回れるというところにあります。ただ、注意したいのは「通信販売は返品制度にクーリングオフのような法的規定がない」というところ。返品条件は各業者の自主規定に従うことになります。

食品はその性質上「返品不可」ということが多いので、おせち料理もよく見比べて、納得のいくものを選ぶのがお勧めです。

この他には、そろそろ締め切りが近いことから次の点にも注意したほうがいいかもしれません。

決済方法を確認する

ネット販売では複数の決済方法が用意されていることが多いのですが、締め切り間際になると使える決済方法が限られてくる場合があります。注文するタイミングによっては、どの決済方法が使えるのかもチェックしておいたほうがいいかもしれません。

忘れちゃいけない、セキュリティのチェック

SSLと明記してあるサイトは、「暗号をかけて情報を守ってますよ」という意味です。決済にカードを使う場合は特にセキュリティがかかっているかどうかの確認も忘れずに。

大切な内容はプリントアウト

アメリカでは「自分の身は自分で守る」といった意識が強いので、ネットショップを利用するときにもこういうことは普通に実行しているようです。

特におせち料理のお取り寄せは時期的なもの、その時しか利用しないという人も多いのではないでしょうか?

日頃利用しているネットショップなら勝手がわかっているかもしれませんが、初めて利用する場合やその時だけしか利用しないネットショップでは、万が一トラブルがあった場合に備えて、注文画面や条件内容をプリントアウトして保管しておくと安心です。

このほかにも、注文した商品の一覧や確認メールなども保管しておくといいですよ。

商品が届いたらすぐに確認

数量間違いや破損などがないか、届いたらすぐチェック。

ショップサイトによっては輸送時のトラブルに対応している所もあります。ただ、年末年始のことなので、前もって受付時間などをチェックしておくと安心です。

代金支払いの領収書などは念のためしばらくの間は保管

まず間違いはないと思うのですが… でも支払った証明なわけですから、念のため一定期間は残しておいたほうが安心です。

細かく見ていくとけっこういろいろありますね(汗)

締め切り間際になるとついつい慌ててしまうものですが、チェックするところはしっかりチェックして、ショッピングを楽しみたいものです。

【参考サイト】
JADMA 財団法人日本通信販売協会
通販110番 かしこい通販利用法