この記事は2009年11月29日に書いた過去のものです。
2017年度おせちの最新情報はブログのトップページか、右サイドのメニューから探すことができるのでチェックしてみてくださいね!

仁丹堂の和洋健康おせち

2009年10月18日に難波御堂筋ホールで行われたリンクシェア見本市にブース展示をしていた森下仁丹の仁丹堂さん。ひときわ来場者の目を引いていたのがオリジナルおせちでした。

今年は特にご年配の方でも食べやすいものをということで商品開発されているそうですが、年末の忘年会から食べすぎ、飲み過ぎ傾向の、働き盛りのお正月にも優しいおせちになっています。

このページでは、「和洋健康おせち」についてまとめています。

[PR]

生活習慣病に優しいおせち

昨年に続き、今年も登場。日本糖友会と森下仁丹の共同開発で生まれた「おせち」です。

調理方法を工夫して、生活習慣病に大敵の塩分や油分を控えているので、体に優しいおせちなんですよ。

昨年度のものは、やや洋のメニューが多かったので、今年は魚介類や定番のおせちメニューを増やしているのが大きな特徴。健康的に配慮したメニューを意識しつつ、さらに親しみやすいお重になっています。

定番の縁起のいいメニューが充実しているということは、お年を召した方にも気軽に楽しんでもらえそうですよね。

和洋メニューがいい感じでそろっているので、年代の離れた家族でも楽しめそうだと思いました。