この記事は2015年12月30日に書いた過去のものです。
2017年度おせちの最新情報はブログのトップページか、右サイドのメニューから探すことができるのでチェックしてみてくださいね!

no image

おせちの販売は、通信販売でも店舗販売でも「予約」での受け付けが多いので、クリスマスを過ぎると注文を受け付けている所が少なくなってしまいます。

たまに人気おせちが「作り過ぎたため、ごく少数の緊急放出」といったイベントがありますが、そうしたケースはごくまれと思ったほうがいいみたいです。

でも、「できればおせちが必要!」という場合、ショッピングモールなら効率よく探すことができますよ。

[PR]

ただこの場合、クリスマスを過ぎるとおせちの単品の商品が多くなり、お重に詰められたおせちでも年内に届けてもらう場合は12月30日の午前中までが目安となります。

融通のきく「冷凍おせち」の取り扱いが多く、有名店のおせちは売り切れていると思ったほうがいいようです。

そして、支払いは「クレジットカードのみ」と思ったほうがよさそう。

クレジットカードは本人名義であること、有効期限も切れていないことといった条件がある場合が多いので、その点も要注意です。

その他、おせちの探し方

店舗の場合も、お重に詰められたおせちの販売は予約注文がほとんどですが、スーパーなどでは、おせち料理が単品で販売されています。

少々割高になりますが、好みの商品を組み合わせて購入するのが、ぎりぎりまで調達可能な方法だと思います。

ちなみに、おせちメニューで必要最低限のものは、「祝い肴」と呼ばれる以下の3品。これに雑煮があれば、お正月様を迎える基本の食卓となります。

【関東圏の場合】
数の子、黒豆、田作り

【関西圏の場合】
数の子、たたきごぼう、田作り

お正月のお膳に関しては、別記事にもまとめているのでご覧ください。

(参考)これがあればとりあえずOK!お正月の食卓、基本の祝い膳