柳箸

新年を祝う正月膳は、「死」に通じる「四」を避けることから、偶数を避けて奇数を重んじます。重詰めの料理の品数が偶数になる場合、はじかみやしょうが、ゆでぎんなんなどで奇数にするんですよ。

お箸は真ん中が膨らんで両端が細くなったお箸を使います。正月の膳は年神様とともにいただくため、一方は人が用い、もう一方は年神様が用いるとされているためです。その形から、両口(りょうくち)箸とも、材質から「柳箸」とも呼ばれるお箸です。

[PR]

材質に柳が使われるのは、正月早々箸が折れると縁起が悪いため、これを嫌って折れにくい材質として選らばれています。

中央が膨らんでいる形を身ごもった姿や稲穂の実りに見立て、子孫繁栄の願いが込められているとも言われています。

この他、祝い膳に関するあれこれをまとめてみました。

正月膳

正月膳の基本形は、祝い肴3種と雑煮。これがあれば、お正月様を迎える食卓が整います。

祝い肴(ざかな)

「祝い肴」というのは、おせちの中でも基本と言われる3品のことです。地域によって多少の違いがありますが、大きく分けると次の2系統に分けられます。別に「三つ肴」という表現があります。

東日本→数の子、黒豆、田作り
西日本→数の子、たたきごぼう、田作り

数の子はニシンの魚卵なので、子どもが多い象徴です。このことから、子孫繁栄を祈る願いが込められています。

黒豆は、「まめ」(忠実)に音が通じるので、勤勉さや健康の祈りを込めて。

カタクチイワシの小魚(ごまめ)を使った一品で、田畑の肥料となる小魚を表し、五穀豊穣の願いが込められています。小さくても尾頭付きということで、頭と尾を揃えて盛り付ける所もあるようです。

こうした五穀豊穣や子孫繁栄の願いが込められているのが祝い肴で、おせち料理の三種の神器です

おせち

節句ごとの行事食のことです。もともとは端午、七夕の節句なども含み、「節会供餞(せちえくせん)」と呼ばれていました。

正月は特にごちそうが多いことから正月料理を特に「おせち料理」と呼ぶようになって、現在でも他の節句料理とは一線を画す存在となっています。

形は膳組みの料理が元となっていて、重詰めの料理が後に加わりました。江戸時代は、農民や庶民が煮しめを鉢に盛って「お節」と呼ぶようになったようです。後にお正月の食卓の基本となる「祝い肴」が登場しました。

新年の新しい火を煮炊きで汚さないため、おせち料理を含む料理は年末に作ります(新年の新しい火は雑煮に使われます)

また、おせち料理は年神様にお供えしたものを年神様とともに家族でいただくという意味があるので、お節を重箱に詰め、床の間などにまず備えるのが本来の姿と言われているようです。

(参考)おせち料理のいま、むかし お正月におせち料理を食べるのはなぜ?

雑煮

雑煮に入れる丸小もちは鏡餅の分身と言われてますが、その土地の産物を使うので、雑煮の具とともに使わ
れるおもちの形も土地によってさまざまあります。

古いスタイルでは、大晦日に近所の神社から頂いてきた火種を用いて新年の火をおこし、その火で雑煮を作って年神様とともに食べるとされています。

神聖な火で作るお雑煮は、無病息災の願いが込められています。

屠蘇酒

三国時代の中国の名医「華陀」(かだ)の処方を基にした、屠蘇散(とそさん)と呼ばれる生薬を配合したものを、みりん(本味醂)や清酒に浸して作り、元旦に頂きます。

「一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し」と称されたようで、「鬼気を屠絶し、人魂を蘇生させる」として一年を健康に過ごす願いが込められています。

本格的になると屠蘇器を使用しますが、利用する酒器は家にあるものでOKです。

すっかり姿を消してしまったものの一つですが、ネット通販で手に入りますよ。それ以外では、薬局、八百屋、酒屋、そして一部スーパーで取り扱っている所があるようです。