この記事は2012年10月14日に書いた過去のものです。
2017年度おせちの最新情報はブログのトップページか、右サイドのメニューから探すことができるのでチェックしてみてくださいね!

ディズニーおせち 四段重

ベルメゾンのディズニーおせちの特長は、「家族みんなで楽しめる」ところ。四段重は昨年登場した京都・岡崎の「いく田」監修による本格おせちです。

このお重の登場で、おじいちゃん、おばあちゃん世代も満足できる仕上がりになっていましたが、今年は子ども向けに「子ども重」が整って、さらに充実した中身になっています。

オプションで、海老しんじょうがミッキーのシルエットになったお吸い物セットを組み合わせると、かなり本格的なお正月の食卓を演出することができますよ♪ そして今年の四段重はウォルト・ディズニー生誕110周年の特別デザインというところも要チェックです。

(写真は10月6日に千趣会東京本社で開催されたベルメゾンネット勉強会で撮影されたものをお借りしています)

[PR]

四段重の「子ども重」はこんな感じ

ディズニーおせち四段重(子ども重)

いたるところにミッキーが隠れていますね! 真っ先に目に飛び込んでくるのは、上部中央にいるミッキーとミニーではないでしょうか? そのキュートなシルエットをかたどっているのはお餅です。

ハンバーグでできたミッキーの他、おめでたい紅白の蒲鉾が、ミッキーや特徴的な手袋のシルエットになっています。そして、所々を埋めているのは、いろんな味わいが楽しめるケーキです。ミッキーの形をしたピックが付いているので、小さな子でも自分で取って食べることができますよ。

中央にいる大きなミッキーはグラタン皿に入ったシーフードグラタンなので、そのままレンジでチンして召し上がれ。

大人も満足 京都料理の本格お重

ディズニーおせち四段重(一の重)

簡単に他のお重も見てみましょうか。一の重は海の幸を中心とした和風重です。

ロブスターやアワビが入っているので、かなり豪華。からすみや、いかのこのわた和えといったお酒が好きな方にもおすすめのメニューがそろっています。

子孫繁栄の願いが込められている数の子や、五穀豊穣を願う田作りといった、基本的なおせちメニューが入っているので、お年を召した方から子どもさんへ教えてあげるのも素敵です。

ディズニーおせち四段重(二の重)

二の重は山の幸を中心に集めた和風重です。

ちょっぴり地味に主張しているのは、栗きんとん。ちゃんと栗がミッキーの形になっています。その他に合鴨のスモークや松茸の旨煮などが入っているので、ちょっと贅沢な味わいが楽しめますよ。

ディズニーおせち四段重(三の重)

三の重は洋風オードブル。特大のローストビーフをはじめとするオードブルメニューが楽しめます。若い世代も質・量ともに満足できるお重ですよ。

詰め合わせているのは、紅芋アップルパイやチーズ入り伊達巻、ピスタチオチーズロールといった断面の美しさが引き立つメニューです。

お正月は食育にもおすすめの機会

新年の始まりを飾るおせち料理は、古来から伝わる縁起物に触れ、日本の伝統や風習を知るのにとてもいい機会です。とはいうものの、子どもに人気がある… とは言えないのがおせち料理ですよね。

ディズニーおせちはディズニーキャラクターがメニューの中に隠れているから、小さな子どもさんでもワクワクしながら楽しめること間違いなし。

今年はそんなディズニーおせちに子ども用にメニューも充実させた「子ども重」が全シリーズに新登場しているので、家族みんなで楽しむことができますよ。

特に有名料理人監修の四段重は三世代みんなで楽しめるお重なので、幅広い世帯がそろうご家庭におすすめです。

【関連記事】
ディズニーおせち2013 今年は雑貨も注目
ディズニーおせち2013 今年は付録がさらに充実!
ディズニーおせち2013 おせちの中身はどんな感じ?(くまのプーさん&ピグレット編)
ディズニーおせち2013 おせちの中身はどんな感じ?(ミッキー&ミニー編)
> ディズニーおせち2013 おせちの中身はどんな感じ?(四段重編)
ディズニーおせち2013 今年は限定デザインに注目!

「投稿タグ」のリンクから、関連記事を新着順に一覧で見ることができます