人気記事ランキング

この記事では、アクセスランキングを基に、どんな記事に人気が集まっているのか分析しています。

2009年11月の人気記事ランキングはこんな感じになりました。

(カテゴリーが少し変わったのでリンクを貼ってない項目もありますが、右サイドのメニューに類似のカテゴリーがあるので、よかったら探してみてくださいね)

[PR]

1位 ベルメゾンネット ディズニーオリジナルおせち
2位 価格から選ぶ 1万円くらい
3位 おせちレポ カモ井のミニおせち「紅梅」
4位 森下仁丹 仁丹堂のおせち
5位 価格から選ぶ 5,000円くらい
6位 近畿地方のおせち
7位 ベルーナグルメショッピングのおせち
8位 九州地方のおせち
9位 価格から選ぶ 2~3万円
10位 中部地方のおせち

この月、おせちでいちばん人気を集めていたのはディズニーおせちでした。これもディズニーファンのパワーでしょうか。それとも、そんなにファンでなくても、やはり欲しくなってしまうのでしょうか…。

というのも、ベルメゾンネットのディズニーおせちは、おせち料理はもちろんのこと、お重の形までディズニーキャラクターになっているのです。

しかも、この2010年度版は裃を着たキャラクターの置物がプレゼントに付いていたのです。これはちょっと卑怯ですよね(笑)

(参考)ベルメゾンネットのミッキーおせち 見本市レポ2010
(参考)ベルメゾンネットのプーさんおせち 見本市レポ2010

ともあれぶっちぎり。当サイトでは、伝統あるおせちや名門のおせちを抑えてのランクインでした。

そして、地域での分類がランクインしています。「おせちって意外と地域性があるのかしら」という、管理人の単なる思い付きで生まれたカテゴリーなのですが、意外と見てもらえたみたいでうれしいです♪

そんなに大きな差はなかったのですが、京都を含む近畿地方がやはり人気。京風の優しい味付けが人気を集めているためと思われます。

続いて九州が並ぶのですが、これはやはりショッピングモールで人気のある博多久松の影響なんじゃないかな―と思ったり。

反対に、顕著な影響が表れているものもあります。

それは、低価格のおせちに注目が集まっているというところ。

「2010年度おせちのまとめ」にも書きましたが、今年はリーマンショックの影響で経済が混乱したまま年越しを迎えることになりましたもんね。やはり、この影響が大きいのではないかと。

生活防衛の一端が、こうした「おせち料理」市場からも伺える気がします。